ネクタイも面白いものがたくさんあります

  • ネクタイの基本的な選び方

    • ネクタイはどれも同じように見えて、実は微妙に違います。まずは長さについてですが、基本的にはベルトに少しかかるくらいがちょうど良いです。

      それよりも長かったり短かったりすると、どうしてもだらしなく見えてしまうからです。

      大剣と呼ばれるネクタイの先の三角形の部分ですが、幅は七から九センチほどのものをレギュラータイと言います。


      とても使い勝手が良くて、ビジネスでもカジュアルなシーンでも締められます。


      他にもナロータイというネクタイがありますが、別名スリムタイとも言われます。

      ネクタイ情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

      大剣の幅が四から六センチ程度で、パーティーや結婚式に使うのに適しています。反対に目上の人と会う場面ではあまり向いているとは言えません。
      次にネクタイに使われている素材で、どれにしようか迷っているならシルクにしましょう。


      ネクタイに一番使われている素材です。



      光沢はあるものの、嫌味な感じはないためビジネスシーンでも問題はないです。

      冬場ならウールでも良いですが、その場合は羽織るジャケットは紡毛素材のものにしておくと合わせやすいです。



      夏場なら麻素材のものが良く、涼しげな印象を与えられます。色に関してですが、仕事にしていくなら青色系が無難です。


      真面目や冷静といった感じを相手に与えられます。

      さらに水色に近づけば爽やかさを演出できるのです。

      赤はパワフルな印象になります。そのためアメリカの大統領選に出る人もよく締めています。

      明るい感じにしたいなら、黄色を選ぶようにしましょう。

top