ネクタイも面白いものがたくさんあります

  • ネクタイにも種類があります

    • 社会に出てスーツを着用して働くようになると、ネクタイも当然のようにセットになるので何となく着慣れてきたのではないでしょうか。
      最初のうちこそきちんと締めるのは大変かもしれませんが、上手になればそれだけ自分もできるようになってきたと誇らしくなるものです。

      ネクタイに関する情報をご覧ください。

      そんなネクタイにもっと親しんでみたいと思うようになってきたら、いろんな種類があるので一つずつ確認してみましょう。


      一般的なものは結んで下げるタイプで、先が三角に尖っているものです。

      ダービータイとも呼ばれていて、ビジネスシーンではほぼこのタイプが着用されます。



      パーティーなどで見かける超結びをしているタイプは棒タイ、またはそのまま蝶ネクタイとも呼びます。


      ニットで編んであるタイプも最近見かけますが、こちらはややカジュアルなのでオフィスでも使えるかどうかは会社の雰囲気にもよります。

      スカーフにも見えるような幅広のアスコットタイは、フォーマルな場所で着用されます。日常的によく着用する事になるのはダービータイですが、幅が変わるとカジュアルな印象を受けたりもしますし、色や柄でも全体のバランスががらりと変化します。



      ネクタイは何となく難しそうだと感じている方も多いのですが、「こんなものもある」と種類があるのをしっておくだけでも、自分に合うものを選びやすくなります。


      後は会社用やプライベート用など用途を決めて、自分の手持ちの服と合わせられるように好みのものを探しましょう。

top